災害時の備蓄に最も必要なのは何?答えはトイレ!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6a2f55ec68093833663b781336e5e3aa_s

大きな災害を経験され、避難所生活やライフラインを寸断された自宅・車での避難生活を余儀なくされた方々に、一番困ったことを訊ねると、返ってくる答えで多いのは「食事」「お風呂」「トイレ」です。

中でもトイレは支援が行き届きにくく、また、少しずつ支援が行き届いていく食事やお風呂などとは違い、避難した先でも使う毎に環境が悪化してしまう場合もある非常に悩ましいものでもあります。

突然の災害に見舞われたとき、トイレをどうすればいいか、日頃からの備えについて調べてみました。

スポンサーリンク


非常時の備蓄品には携帯用トイレも!!

災害時には、水道管の破損や断水などが想定されますよね。

水道から水が出なくなるとしたら、もちろん飲み水の確保も大切ですが、水洗トイレの水がなく流すことができない事も深刻という話を聞きました。

ならば、お風呂の水を常に貯めておけば良いのではないかと思い、我が家では風呂の湯を次に入れるまで抜かずにとっておく事が習慣になっています。

ところが、もし災害時に下水道が破損してしまうと、トイレに水を流した時に通常の排水ができず、汚水がどこかで漏れ出したり逆流したりするのです。

マンションなどは特に、配水管がどこかで破損していると、自分の家は大丈夫でも階下のお宅で汚水が漏れてしまうこともありから、大丈夫と思っていても迂闊に水洗トイレを流すことはできません。

毎日、人ひとり必ず数回は使用するトイレ。

トイレが流れないからといって、我慢するわけにはいきません。

回数を減らそうと食事や水分を減らしたり、排泄そのものを我慢したりしていると、確実に体調不良の原因になります。

でも、これをまた流さずにいるとトイレにはすぐに汚物が山のように溜まってしまい、衛生的な問題が発生します。

心身ともにつかれた身体は体調を崩しやすく、トイレが衛生的に保たれていないと、伝染性の病気が蔓延する可能性も上がります。

できるなら、非常時の備蓄品には携帯用トイレ・災害用の準備しておきましょう。

スポンサーリンク


備蓄がない場合の簡易トイレの作り方

便器が利用できる場合は便器、できない場合はバケツなどを利用して、排泄物を流さずに使えるトイレを作りましょう。

バケツの場合はビニール袋を1枚ずつ、2重にしてバケツにかぶせます。

一枚目はガムテープなどでバケツに固定しましょう。

便器を利用する場合は、便座を上げてその下にビニール袋を広げて1枚、便座を下ろしてもう1枚、トイレを覆うようにして敷ましょう。

便座の下のビニールはガムテープなどで固定していた方がよいでしょう。

新聞を2枚、1枚ずつ広げてまわりを絞り、ビニールの中に敷き詰めます。

水分を吸わせるため、びりびりに裂いた新聞紙を入れておきましょう。

その上に座り、用を足します。

消臭剤があれば上からふります。

上のビニールを1枚だけ外し、空気を抜いて口を固く結び、あれば蓋付きポリバケツなどを専用にして溜めておきます。

猫トイレの砂などがあれば、水分を吸わせるタイプや消臭効果があるため利用すると良いでしょう。

ネコがいるおうちは、猫砂は無駄にはなりませんから、普段から多めに備蓄しておくのがよいかも知れません。

トイレは1日に、ひとりで大が1回、小が4回以上はするでしょう。

4人家族なら、大4、小16回、

一週間分を目安にするなら、大28、小112回

トイレのビニールを大はその都度、小は3回分溜めるとしても、28+(112÷3)=65回分の確保が必要です。

新聞紙とビニールは多めに備蓄しておいた方がよいようですね。

同時に断水時は水の確保も難しいので、手洗い用の消毒スプレーやアルコールスプレーなども、一本用意しておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

想定できない自然災害が、誘発的に全国に広まっているような昨今、日本のどの地域に住んでいてもなかなか安心することができない雰囲気が蔓延しています。

備えあれば憂いなし。

もちろん、実際の災害時に全ての準備が活かされるわけではありませんが、無駄になるからとは思わずに、とにかく非常時に生き抜く準備と知恵はできる限り備えておけば、たとえ自分や家族は難を逃れても、被災した方々の役に立ちます。

生き抜く知恵を誰かが率先して覚え、災害時に活かしていきましょう。

スポンサーリンク


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする