腸内環境で変わる体型の秘密

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

17cf4493ebd6d55d567a3029f9751510_s

腸内フローラ。最近よく聞く言葉です。

健康とかダイエットとかに関係ありそうなこの言葉。

どんな意味かと誰かに聞くには今更ながらな感じすらします。

人間のひとりの腸の長さは10m。

その腸の中にはたくさん腸内細菌が有り、全部でおよそ30,000種類、数にして100,000,000,000,000個

・・・・えっと、ゼロの数が合ってるか分かりませんが、1000兆個の腸内細菌が、皆さんひとりひとりのお腹の中にあるだそう。

園腸内細菌の生態系が「腸内フローラ」。

1000兆個の組み合わせが人それぞれ違っていて、お花畑のように一面に広がっているのでフローラ(お花畑)というのだそうです。

しかも、それが肥満度に大いに関係してるって聞いたら、あなたならどうします?

体型コントロールに腸内細菌を利用しよう

腸内菌の中には数が多ければやせ型体系を作る腸内細菌と、逆に多ければ肥満を作る腸内細菌がいて、中にはその数が遺伝的に決まっていたりするものあるそうです。

が、数が調整できる細菌を利用して、体型に良い影響を与えることはできるようですよ!!

努力で変えられるものがあるなら、これを利用しない手はありませんよね。

腸内環境を良い方に傾ける食物をたべよう

単純に同じ量を食べたとしても、腸内環境を整える腸内細菌、身体をやせ型に傾ける腸内細菌を増やす働きをする食品をとれば、痩せやすい身体を作ることができるはず。

そのために食べるべき食品をあげてみましょう。

発酵食品

・納豆(納豆菌)・・・胃酸に強い納豆菌は丁まで届いて悪玉菌の繁殖を防ぐ。

・味噌・醤油(こうじ菌)・・・オリゴ糖を増やして脂肪を分解。

・酢(酢酸菌)・・・ビフィズス菌を増やす。

・パン類(酵母菌)・・・悪玉菌を減らす

・ヨーグルト・漬物(乳酸菌)・・・ビフィズス菌などの善玉菌を増やす。動物性(ヨーグルト)に含まれる乳酸菌は実は胃酸に弱く、腸まで届く乳酸菌は少ないが、その死骸は善玉菌の餌になるため、結果的に善玉菌は増える。

食物繊維
 腸内を酸性に保つことで、善玉菌を増やすのに良い環境を作る。

オリゴ糖
 身体に吸収されにくいため、腸に残り善玉菌の餌になる。

以上のような、悪玉菌を減らして善玉菌を増やす食べ物を積極的にとりましょう。

食べない時間も意識しよう

善玉菌は腸内が酸性に傾いているときに活動が活発になります。

ところが1日ダラダラと食べ続け、腸内に食べ物が有り続けると、腸内は悪玉菌が大好きなアルカリに傾くのです。

つまり、善玉菌を増やすには、定期的にお腹を空っぽにするのが良いのです。

一番食べ物を摂取しない時間が長いのは睡眠中。

その睡眠中に効率よく腸内環境を整えましょう。

夜寝る前にはなるべく食べないこと。

夕食は早めに終え、夜食などは食べずに朝を迎えるのが太らないコツというのは、すでに誰もが知っている周知の事実ですよね。

腸内環境的にも、それが明白に説明されているんですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする